浅沼 貞夫(あさぬま さだお)

取扱分野

<民事>
企業法務、労働事件、債権回収(貸金、賃料等)、不動産に関する紛争、破産・個人再生、債務整理、相続、遺言、離婚

<刑事>刑事事件一般

プロフィール

<略歴>
昭和49年 明治大学大学院法学研究科卒業(法学修士)
昭和49年 司法試験合格
昭和52年 司法修習修了・仙台弁護士会に弁護士登録
昭和57年 浅沼法律事務所開設
昭和60年 同期の故松尾弁護士と共に青葉協同法律事務所設立、その後青葉法律事務所と改称
平成14年 弁護士法人青葉法律事務所設立

<主な経歴>
仙台弁護士会副会長
日弁連刑事弁護センター副委員長
法律扶助協会(法テラスの前身)本部常務理事兼仙台支部事務局長
日本調停協会連合会副理事長兼宮城県調停協会連合会会長
国・宮城県・仙台市の各種委員会の公益委員

豊富な経験に基づく迅速・的確な解決と親切丁寧な対応を約束します

 弁護士になってから35年以上になります。
 この間、民事事件、刑事事件などいろいろな事件を経験いたしましたが、弁護士にとって必要なことは個人であれ、会社であれ依頼者の立場に立って迅速かつ的確な解決を見出すことと思っております。
 また、弁護士と依頼者は対等な関係であると考えておりますので同じ目線でできるだけ親切、丁寧な対応が必要と思い実践しております。個人であれ、会社であれ生活し、あるいは活動している限り必ず摩擦(紛争)が生じます。
 この摩擦はいわば社会における病気と言えるでしょう。
 弁護士の使命はこの病気を的確に判断し、迅速な治療方法を考えて、親切・丁寧に実践していくことにあると思っております。当事務所には私以外に弁護士が4名おります。
 弁護士としての考えは私と変わるところはありませんがいろいろな分野について十分な法的サービスを提供できる事務所です。